自己肯定感が下がって一時的に不登校にまでなった息子… ゆっくりゆっくり自分を取り戻しつつ前を向き進む息子… 日々の経験から「気付く」ことを積み重ねていく…

kidukikizukuママのブログ

過去に、担任の先生の不適切な指導が原因で不登校を経験…

客観的に見るのが苦手

自分の感情以外の他者の感情を認識するのが苦手なあなたは、
「世の中どうしてこうも自分の思うようにならないのか?」
と、生きるのがつらそうです。

もっと、客観的に自分を見れたらいいのに…

自分は、こうしたいけど、さまざまな事情があるから、まぁ、こんなもんか…

みんな、気持ちに折り合いを付けてやっている。

自分の感情ばかりが一方的に押し寄せてくる…当たり前だが、その感情や願望は満たされない。

そりゃ、シンドイよね〜

あなたの特性を知らない周囲の人たちから見えるあなたは、
我がままとか自己中とか…

あなたを見ていて、気付いてほしいと思う母は、そんな出来事を経験する度に、わかりやすく解説するようにしているよ。

でもそんな時は、自分の感情ばかりが前面に出て、あなたの入り口の蓋になる。誰の言葉もアドバイスも入らない…今も…

今、母は、待っています。

あなたは、今、いつものように閉じこもりっている。でも、あなたの頭は忙しく考えているはず…いろいろいろいろ…

あなたが、母のところに話に来るのを待っています…

今日は、長いなぁ〜

誤解したままにはしたくない…

辛抱、辛抱、きっと気付ける。