自己肯定感が下がって一時的に不登校にまでなった息子… ゆっくりゆっくり自分を取り戻しつつ前を向き進む息子… 日々の経験から「気付く」ことを積み重ねていく…

kidukikizukuママのブログ

過去に、担任の先生の不適切な指導が原因で不登校を経験…

成長したね!

最近のあなたは、楽しそうに笑っている事が多く、二年前のあの辛かった頃のあなたとは別人のようです。

…あの頃のあなたが別人だっただけで、本来のあなたに戻りつつある。

と、言った方が正しいね。

 

母が、あなたに臨むこと…

生きる希望を持って生きること。

 

今のあなたは、母の望み通りの毎日を過ごせているね。

母のためではなく、自分のために…

もう、大丈夫かも?って、思った次の瞬間には、次のツマヅキがやってくる忙しい毎日だけど、家族や先生や友達と乗り越えられたり、乗り越えられなくてもオッケーだったりしながらのこの毎日は、とてもすばらしい毎日です。

学校に行って、みんなが当たり前にやれることを、すごーく頑張ってやって、又はできなかったけど何かはやって、何かを得て帰ってくる。とてもすばらしい。

 

大好きなマインクラフトやYouTubeに、癒されて…

また、あっという間にまた、次が…

 

もっと、サラッと普通にできたらいいのに…

大変だなあ~と、思うけど、

そんな毎日を繰り返すうちに、ずいぶん頑張らなくても大丈夫なことが増えたね。

これからも、もっともっとがんばらなくても普通でいられることが増えるよ。

 

あなたがしんどくなくいられる。これが大事!!

 

臨むことはきりがない。

…せめて教室で当たり前に授業を受けてほしい。逃げないでほしい。固まらないで…、生活習慣、宿題、学習、お手伝い…

 

この二年でようやくわかってきたことは、しんどくなくいられるようになれば、これらのことは自然についてくる。ってこと。

いくら焦っても、外的にも内的にも環境が整わなければ、無理…

半面、準備が整ったら案外すんなりうまくいく。

もちろん、それなりに…だけど…

 

あのどん底に時に、その確信が持てていたら、どんなに楽だっただろう。

焦り、不安、孤立…

また、追々書いていきたと思います。

ほんとに辛かったし、いろんな奇跡的な出会いや支援や気付きや築きについて…

 

とにかく、母はうれしいです。

毎日よく頑張ってるね。えらいね。