自己肯定感が下がって一時的に不登校にまでなった息子… ゆっくりゆっくり自分を取り戻しつつ前を向き進む息子… 日々の経験から「気付く」ことを積み重ねていく…

kidukikizukuママのブログ

過去に、担任の先生の不適切な指導が原因で不登校を経験…

今日は行けるのかなあ?

昨日、一昨日と大幅に遅刻して、なんとか出席できたね。

一見、後ろ向きな出来事に見えるけど、自分を見つめたり、先生と話して自分の思いを伝えたり、母や父と話して深く考える大事な時間だったね。

 

特に、先生と話せたのが良かったと思います。

 

前だったら、「怖い~」と言って、会おうとしなかったり、話を聞けなかったり…

ひどいときには、布団をかぶったまま動けなくなったり…、眠れなくなったり…、家から出られなくなったり…してたもんね。

 

今の環境があなたにとって安心の環境で、先生との信頼関係がしっかりしているからだと思います。

二年前の担任の先生から徹底的に受けた傷が、今の担任の先生との信頼関係で少しづつ癒されていくね…

ステキな先生に会えて良かった。本当にありがたいことだね。

 

 

今朝、起きれなかったね。

母は、二日前のちょっとした先生との行き違いの件で、まだわだかまっているのかも…と、心配したよ。

 

ところがどっこい、最近料理に興味があって、昨日、ノリで作ったお菓子が予想外においしくて…そのことで気持ちが高揚して眠れなった…是非、先生に食べてもらいたい。先生をびっくりさせたい。先生に認めてもらいたい。先生に…先生に…

眠るのが遅かったから、起きるのがつらい。

そんな感じかな?

 

そして、今朝起きれない。

 

マラソンと50mの話…

あなたに、どちらを走りたいのか聞きました。

 

答えは、「どちらも…」でした。

 

「毎日はマラソンのようなもの、だから無理のないエネルギーで走る。必要な時には、ダッシュで走ることもできる。」

先生とそんな話をしたみたいだね。

学校に遅刻したけど行ったことは、猛ダッシュだったし、

昨晩、お料理が楽しくてしょうがなくて眠れないあなたも、猛ダッシュだったね。

マラソンをしていて、頑張りどころでダッシュする。または、心躍る出来事に出会う。それは楽しい!!

その後、……だよね。

 

疲れた~と、へたり込んでしまうなら、マラソンではない。

また、いつものペースに戻る。……戻ろうとする。

 

今朝、「うるさい!!」

「もう、いい!!」「出て行け!!」「もう、起きない!!」「学校なんか行かない」と、またまたまた…言いました。

 

ダッシュの後、へたり込む。

 

調子のジェットコースター。

 

それでいいんだよ。

上がったり…下がったりするんだよ。

 

大事なことは、その後…

走り続けようとすること…

ちょっと休憩したけど、また、前を向こうとすること…

 

疲れて走るのをやめてしまう自分。

休憩しちゃったけど、また走り出そうとする自分。

自分にとって、どちらがこの先の自分のためになるかイメージしてほしい。

 

その練習をしているんだよ。

遅くなったけど、今日も起きて、また、学校へ行こうと行動すること。

それが、また走り出すこと。

 

午前9時30分、今日もしっかりと正門をくぐれました。

 

えらかったね。