自己肯定感が下がって一時的に不登校にまでなった息子… ゆっくりゆっくり自分を取り戻しつつ前を向き進む息子… 日々の経験から「気付く」ことを積み重ねていく…

kidukikizukuママのブログ

過去に、担任の先生の不適切な指導が原因で不登校を経験…

また、月曜日…

先週は、絶好調の月曜・火曜日の後、絶不調の水木金と、でこぼこの一週間だったね。

金曜の夕方、不調の中、気持ちを奮い立たせて登校し、一日中楽しく取り組んで過ごせたと、帰ってきました。

帰ってきたときのあなたと話をするのが、今の母の最大の役目かもしれませんね。

「行って良かった」とあなたは言いました。

母は、うれしかったです。

 

「調子の波は、上がった時と下がった時があるけど、それでいいんだよ。それが普通。調子のいい時ばかりが続かないように、下がった時もいつのまにかまた戻る。そのことに慣れて行こうね。」

「でも、調子が悪いとき、もう駄目だ。と、あきらめるのか。まあそんなもんか。と、割り切る。どう考えた方が、この先の自分が良くなるかイメージするといいよね」

母の言葉は、むずかしいよね。イメージするなんて…難しいね。苦手だもんね。だから、今日のことは覚えていてほしい。同じようなことがあった時に、思い出してほしい。思い出せる経験を増やすこと…それが母の願い。

 

あなたにどれだけ届いたでしょう?

わかっていても行動にはなかなか結び付かないあなた…

何度も何度も経験しよう。練習しようね。

 

そして、月曜日がまた来ちゃったね。奴はサザエさん真田丸の後に、すぐやってくるね。

 

出発の時間、また、あなたのため息が聞こえる。動かない…

 

母も息が止まりそう。でも、なんでもないように家事を続ける。

ああ、またか…