自己肯定感が下がって不登校になった息子… ゆっくりゆっくり自分を取り戻しつつ前を向き進む息子… 日々の経験から「気付く」ことを積み重ねていく…
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kidukikizukuママのブログ

二年前、担任の先生の不適切な指導から不登校を経験…

話してくれてありがとう

f:id:kidukikizuku:20160616101739j:plain

ここのところ、調子が停滞気味で心配していたんだよ。

  • 遅くまで起きている
  • 朝起きない
  • 「行きたくない」と、言う

今朝も、とってもしんどかったね。

こういう時、母はいつもとでも悪いことを想像してしまうのです。

心配のあまり、この状況を何とかしたいあまり、余計なことを言ってあなたを追い込んでしまいがちなのです。

 

大事なことは、どうした方が自分が楽になれるか?

 

すべてを話してくれたわけではないけど、あなたと母が楽になるように話してくれました。

気にかかっていることがあって、でも母に話したところでしょうがない。

先生に相談した方らスッキリするとわかってるけど、話した後で小さなことで悩んでると評価されるかもしれないから、言うのをためらう。

やっぱり先生に話してみようと思う。

 

話してくれてありがとう。

あなたも、楽になれたんじゃないのかな?

先生と話はできたでしょうか?

 

たぶん、「話すこと」に意味があると思うよ。

「話した結果」よりずっと、

 

すごく力がついたね。

  • 自分の気持ちを見つめること
  • 言葉に変えて伝えること
  • 先生を信頼すること

とても大事で、とても難しいことだと思います。

 

今日の経験がどうかあなたの中に積み重なって、あなたを助けてくれますように…