自己肯定感が下がって一時的に不登校にまでなった息子… ゆっくりゆっくり自分を取り戻しつつ前を向き進む息子… 日々の経験から「気付く」ことを積み重ねていく…

kidukikizukuママのブログ

過去に、担任の先生の不適切な指導が原因で不登校を経験…

また、始まるね…

長かった夏休みがもう終わるね。

この夏休み、あなたはたくさん力を付けたね。

とてもいい夏休みを過ごせたと思います。

 

母が良かったと思ったことはたくさんあったけど、

あなた自身が、自分を客観視できるようになりつつあることに、とても喜びを感じています。

 

具体的には、

いつも、目を合わせて話ができないあなた。

悪気はないんだけど、無意識に体をくねくねさせたり、他の物を触ったりしてしまうので、特に真面目な先生に不愉快な印象を与えてしまうあなた。

 

テレビでスカッとジャパンを見ているとき、人の話を聞きながら携帯をいじる「ゆとり君」を見て、あなたは「これはないわ…」と、言いました。

母があなたに話すとき、あなたがしているマネをして見せたら、「あっ!!」と、反応アリ!!

「ほらな、一生懸命話している時に、相手が他の事してたら腹立つやろー」

「うん。」

その後、たまたま妹と話していて、あなたは妹の不真面目な態度に腹を立てました。

「腹立つよねー、一生懸命話してるのにあの態度はないよねー」

「でも、いつも誰かさんがやってることに似てるなあ」

「そっ、そっかなぁー」(笑い)

 

無意識のうちに自分がどんな仕草や態度をとっているのか知ること

自分の行動や仕草がどんな風に相手に思われているのか知ること

同じことを自分がされたらどんな気分か知ること

そのことを指摘されたとき、素直に受け止めること

ムキになった否定することなく笑って処理できたこと

 

この出来事の中にはたくさんのよかったね。が、ありました。

 

これからは、

こんな経験をたくさん積むこと

きちんと自分で自分を褒めること

うまくいく経験を得ること

 

今は、母に解説されないと自分の良かった点に気付けないけど、自分で自分をうまく褒められるようになりたいね。

 

応援してます。