自己肯定感が下がって不登校になった息子… ゆっくりゆっくり自分を取り戻しつつ前を向き進む息子… 日々の経験から「気付く」ことを積み重ねていく…
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kidukikizukuママのブログ

二年前、担任の先生の不適切な指導から不登校を経験…

五里霧中

今日も突然来ましたね。フリーズが…

最近のあなたは、とても楽しそうであまり辛そうには見えませんでした。

 

なにか原因はあったのですね?今回は、母には教えてくれなかったけど…

最近は、フリーズの原因をあなた自身が自覚しているようです。

いいことですね!

 

自分が何に困っているのか?何に不安を感じているのか?わかっただけで随分楽になったよね。

これまで、なんだかわからないとてつもなく大きな不安と戦っていたあなたは、戦うべき相手の姿をとらえることができました。

可能な時は、母や先生に話すことで、味方さえ得ることができるようになりました。

「姿が見えない敵」に怯えるって、怖いよね。

 

前は、何に困っているのか?、何が心配なのか?、何を怖いと感じているのか?、あなた自身が分かっていませんでした。

 

そんな時は、前後の出来事から類推して、時間をかけてあなたの気持ちにしっくりくる感情を一緒に見つけましたね。

「それは、辛いじゃなくて寂しいだよ。」とか、

「それは、反省している自責の念ってやつだね。」とか…長い長い時間をかけて…

 

母もいろいろわかってました。

朝の支度ができて「さあ、行くぞ!」のタイミングで急に豹変して、「母が○○したからもう行けない!!」と、急に怒り出してベッドに逃げ込む…あのルーティン

一見、原因がないように見えるけど、学校で心配なことがあったんだよね。

そして、そのことをあなたは把握していない。「何かわからない大きな不安がある!!」と、感じていたんだよね。

 

絶対に原因あるから…と、二人で探しました。

出発できずに遅刻してしまった日々、長い長い時間、母は仕事さえ失ったけど、私たちが得た「気付き」の「積み重ね」は、今この時しか得られない…母が今できる最大の「できるかぎり」です。

 

~友達と楽しく過ごせることが増え、「辛いことしかない!!」と、生きる気力を失っていたころとは違って、「頑張ってみよう」と言う気持ちも出てきましたね。~

 

母は、今、できるかぎりのことをしようと思っています。

 

 

ずっとあなたをそばで見ていて、あなたの頭の中のイメージがぼんやり見えてきました。あなた自身の不安と感情で、あなたの頭の中はいっぱいいっぱいになっていますね。

だから、不安になったら固まってしまうんだな。と、思うのです。

 

あなたが「不安を感じやすい。」「不器用で苦手なことが多くてしんどい」とか、あなた自身の努力でなかなか解決できずに今こうなっているのだから、不安を感じないように。とか、苦手なことを訓練する。とか、そういうことで楽になるのではないと思います。

 

母が、今思っているのは、

あなた自身の不安や感情でいっぱいのあなたの頭の中に、母が入ること。友達を呼び込むこと。先生を巻き込むこと…

 

正しいかどうかはわからない。

あなたが不安でいっぱいいっぱいの時、母が…あなたと同じようにする。母を映し鏡にしてあなたが、自身の姿を客観的にみる。

(例えば、運動会の日、ベッドで固まってるあなたの横で、同じよう固まり、「もういいねん…」と、動かない母に、あなたは母を{自分を…ではなく}何とかしようと動き出しました。)

その時の母の気持ちを知る。あなたに向かって母が母の感情をさらけ出す。泥臭く。わかりやすく解説を入れたりしながら…。わかるようにわかりやすく入るまで頑張る。

あなたは、自分の今パンパンになってる感情以外の感情があることを知る。

あなたの不安は小さくはならない。でも、キャパを大きくすることで不安の割合を減らすことを目的とする。

 

もっと母に力があったらいいのに…成長するあなたにもっと効果的に、あなたに必要なことを伝えられたらいいのに…

 

ごめんね。みんな、自然にやってることなのに…あなたはこんなに苦しみながら学んでいる。

 

確実にあなたは成長しています。

五里霧中、一進一退、手探りの毎日…

近い将来、霧が晴れて、見通しがよくなり、不安なく自信をもってどんどん進めるようにあなたはきっとなりますよ。

大丈夫だよ。一緒にガンバろう。母は、決して折れないよ。